2007年の結成から12年、ちょうど一回りしたこの2019年10月をもって、
Blueglueは解散することに決めました。
メンバー4人で何度も話し合って出した結論であり、それぞれがミュージシャンとして、
人間としてもっともっと成長するために、12年間止まることなく転がり続けてきた活動に
区切りをつけることを決断しました。

10月5日、渋谷La.mamaでの公演が最後のワンマンライブとなります。
その他、出演の決定しているイベントに出演させていただきます。
たくさんのご声援、サポートをいただいた皆様への感謝の思いはとても伝えきれませんが、
残された活動に精一杯向き合い、全うさせていただきます。
突然このようなご報告となってしまい申し訳ありません。

どうかBlueglueを最後までよろしくお願い致します。

2019年9月1日 Blueglue

 

【以下、各メンバーのコメント】


原型ができたのは中学生の頃、初ライブは高校生の頃でした。
それから活動休止やメンバー脱退もなく、むしろ一人増えて、12年もの間活動し続けてこられたのは、たくさんの愛でフォローしてくれた皆さんのおかげに違いありません。
2019年に入り、やがて自分の生き方を考え始めるようになり、長い間考えた上で、この4人での活動をストップすることを提案しました。
皆さんをがっかりさせてしまうのがとても心苦しいのですが、先日リリースしましたアルバム「信じ続けることで失うものなんて何もないよ」をBlueglueの記念碑とさせてください。
4人それぞれが、ミュージシャンとして、人間としてより豊かに暮らし、ムードが十分に高まった時には、またこの4人で音を出せたらと考えています。
これまで作った全ての作品は永遠にBlueglueの本当です。どうぞこれからも、Blueglueを再生してあげてください。

どうもありがとうございました。残されたステージに、あらゆる思いを込めて臨みます。

渡邊直也
————————————–

Blueglueは2019年10月をもって、活動をお休みします。
2ヶ月前にフルアルバムをリリースして、これからという時に、このような発表をして申し訳ないです。
12年間、このバンドをやってこられたのは、ファンの皆様、先輩方、友人、スタッフのみんな、関わってくれた全ての方のおかげです。本当にありがとうございました。
これからは、1人のミュージシャンとして歩んで行きます。
また4人で活動できるように一呼吸おきたいと思います。

さいとう先生
————————————–

12年前に直也と川越で出会い、先生と所沢で出会い、4年前にショーくんと下北沢で出会い、そして今、長かった青春を閉じます。季節が変わるときみたいです。
応援してくれた皆さん、期待をかけてくれた皆さんには感謝してもしきれません。
Blueglueと共にいてくれてどうもありがとう。良ければこれからもこの音楽をそばに置いていてください。
また必ずお会いしましょう!ちょっと長生きして思い出話をたくさんしよう!

竹中駿介
————————————–

Blueglueは、僕が入って変わりました。
僕は、Blueglueに入って変わりました。

渡邊直也、齋藤涼介、竹中駿介という3人のミュージシャン、3人の友人と、”Blueglue”という4人の集合に、人生最大の感謝を送ります。
まだ残り1ヶ月あります。ライブもラジオもあります。是非一緒に過ごしましょう。
その後も、Blueglueの音楽はずっとあなたと一緒です。僕とも一緒です。

悲しい顔すんなって!飯食いいこう
オススメのラーメンがあるから

青い俺たちを応援してくれて本当にありがとうございました。

ショー・サイトウ


【今後のライブスケジュール】
9月23日(月/祝)いわむロック FESTIVAL・新潟
10月5日(土) ONEMAN LIVE2019・渋谷La.mama
※その他の活動に関しては引き続き公式HP、各種SNSにてアナウンスいたします