日々の物事には、ムードというか流れって、あるじゃない。タイミングというか。
そういうものには抗うべきじゃないし、抗ってもいいことない。
ただ、今はその流れにいるんだな、いないんだな、と感じて、それに任せるのがいい。

友達と会うことなんかわかりやすくて。
ちゃんと用件や目的がある場合は別だけど、会おうよと予定を立てておくと、当日になって億劫になったりする。
これは友達にとっては厄介というか迷惑なもんだから、友達とただ会う約束、は作らないようにしてるんだけど。

会いたいと思ったらその時。
でも「会いに行く」んじゃない。そこには流れがあるんだから。相手とのムード、流れがあるんだから。
それが「合う」時に、「会う」のが良い。

それは自分と自分以外の間のあらゆる物事にあって、大きな輪っか、ループ、サイクルのようなイメージだ。
今はそのループの中に入ってるな、外れてるな、と感じながら生きている。やっぱり宇宙の一部なんだなあとか思いながら。

これは受け身で生きてれば良いってことじゃない。
無意識に自分がそれを選んでるから。
どうしようもない定めみたいなのもあるけど、できることだってある。素直でいること、とか。
あらゆる物事は仕方ないし、自分次第なんだろう。
やるべきこと、やりたいこと、ちゃんとやろ。ってことだ。

ちなみに、その大きな流れ、輪っか、サイクルみたいなもの、この感覚を何と言えばいい?
っていうのが最近よくする話で。
アー写の撮影の時にもこの話をしてて、「バイブスの輪廻」ってワードがスタイリングしてくれたウミから出てきたんだけど。
やっぱりまだもうちょいある気がするんだよなあ。
皆ぜひ考えてみて、教えてほしい。

さて来週木曜6月27日、下北沢SHELTERでライブ。4人になってから初めてみたい。
PARIS on the City!のリリースツアーファイナルにお呼ばれ。超嬉しい。
とても良いセットを組んだ。ぜひ皆に。
詳細、チケットはこちらから。

7月10日「信じ続けることで失うものなんて何もないよ」リリースに向けてBgは騒がしい。
チームBgことROMA RECORDSで、つまりとてもインディーズなやり方で、初めての全国流通アルバム発売に向けて頑張っててね、
情報とか色々バタバタでごめんねなんだけども。
とても良いアルバムだよ。
この長いタイトルには、ちょっとしたギミックが張ってある。
どの曲も、このタイトルの下で輝く。
そして最後まで聞いた時に、このタイトルが輝くんだ。
33分間で小さな勇気を共有、増幅させるアルバムなんだ。

ジャケットの「Be Yourself,Nothing You Lose」という英文は、そのタイトルを訳したもの。
「信じ続けること」ってどういうことなんだろう、って改めて考えたら、自分であることだな、と結論が出たんだ。
7月3日、赤坂chilloutにて、このアルバムをいち早く共有したくて、先行試聴イベント。
スペシャルなスペースで贅沢な時間を過ごそう。
https://extroom.studio/events/5631439039102976
こちらからチケットをゲットしてね。

じゃ、また。(このブログ、俺だけじゃなくてメンバー全員書いていくことになりそうだよ、お楽しみに)

渡邊直也

関連記事